ホルモンバランスが悪い場合のにきび治療

にきびができる原因はさまざまです。
なおかつ、10代のにきびと20代以降のにきびでは出来るメカニズムが違います。


10代の頃のにきびは皮脂の過剰分泌がほとんどで、顔中にできるという特徴があります。

治療法は脂っぽいものの摂取を控えることと、皮脂を取り除く洗顔料で洗顔を行い、アクネ菌の繁殖を防ぐために皮膚を清潔に保つことです。

20代以降、おとなになってからのにきびは、主にストレスや過労によってできてきます。

にきびができる場所もあごやフェイスラインの周りなどに多くできます。ストレスや過労によって、血液循環や新陳代謝が滞った結果、老廃物の排出が上手にできなくなり、毛根部分に皮脂と老廃物がたまり、にきびになります。

FIRST CRUSHの効果情報ならこちらをご利用ください。

大人の場合は皮脂の過剰分泌が原因ではないので、10代の頃のように皮脂を洗い流してしまうタイプの洗顔料を使用すると、皮膚の保湿成分まで洗い流してしまい、乾燥が進行して肌荒れを招き、余計に悪化させることになります。治療の方法としては、洗顔時もなるべくごしごしとは洗わず、ぬるま湯で洗う程度もしくは洗顔料をあわ立ててそっと洗う程度にします。
乾燥肌になってしまった場合でも、肌は乾燥しているところに皮脂を分泌するようになるので、にきびができやすくなってしまいます。

FIRST CRUSHの口コミが広く知れ渡ってきました。

乾燥肌にならないように保湿もこころがけたほうがいいでしょう。


また、根本的な治療方法は皮膚科の受診が一番早く完治できます。大人になってからできる場合は、繰り返し同じ箇所にできる場合が多いのですが、皮膚科で処方してもらえる治療薬はこの繰り返し出来る症状をストップすることができます。

また、女性の場合はストレスや過労などがひきがねになることは変わりないのですが、それに加えて女性ホルモンの分泌の乱れによってもできることがあります。
女性は月経が来るまでの一ヶ月の間にさまざまなホルモンを分泌して、それらの分泌バランスがしっかり機能していることが重要です。

ファーストクラッシュの効果の情報を公開しているサイトです。

それが乱れると皮脂の分泌が活発になりにきびが発生します。

ホルモンバランスが乱れている場合の治療は皮膚科に加えて産婦人科を受診しホルモンバランスも治療してください。