バナー

別荘にユニットハウスという選択肢

別荘はいまではお金持ちの道楽ではなく、平均的な所得のサラリーマンであったとしても、誰もが持てる時代となってしまいます。しかしながら、そうはいっても、日常的に生活をする場所ではなく、季節ごとに滞在する程度の利用というのが別荘の使われ方ですので、その新築にあたっては、できるだけ安価な費用で済ませたいものではあります。

軽井沢の土地ならこちらが人気です。

このような場合に、別荘を在来工法などで建てるのではなく、ユニットハウスとして建ててしまうというのは、費用の節約という面から効果的な方法であるといえます。

人気の軽井沢の別荘の情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

ユニットハウスというのは、鉄骨をボックスのように組んだものに、屋根や壁面のパネルをはめ込んで、内装、外装を仕上げるものですが、こうした作業は現場で行うのではなく、ほとんどを工場のなかで行ってしまうというところに特徴があります。そのため、ボックス型のユニットをユニック車の荷台などに積んで、そのまま高速道路を通って現場まで移送し、現場では基礎との固定や、複数のボックスのつなぎ、水道やガスの配管の接合などの作業をするだけで完成させてしまいます。
労働力を工場に集中させ、現場での作業をできるだけ減らすという工夫があるため、ユニットハウスは他の工法にくらべると、格段に安い費用で済むことになるのです。



最新の鉄骨住宅ですので居住性にもすぐれており、別荘として利用するにはふさわしいということがいえるでしょう。

ただし、東北や北海道などの地方で別荘として採用する場合には、屋根や断熱材の仕様を寒冷地向けにするなど、いくつかアレンジを加えたほうがよい場合があります。